8月, 2013年

底意確りの状況で上昇の雰囲気を察知する

2013-08-23

底意確りという言葉をご存知でしょうか。先物取引の専門用語です。これは下落をしてきた底値圏で用いられる用語です。

相場というものは下落をした後に、落ち着いてくる事があるものです。

FX業者のチャートでリアルタイムに値動きを追っていると、必ずどこかで下落が続くタイミングがあります。

ですが、下落も永遠に続く訳ではありません。どこかで必ず下落は止まります。

そして今度は上昇をしていきそうな雰囲気になってくるのです。つまり下落はしましたが、下落も落ち着いてきて上昇をしそうな状況の事です。

この良い例は、2011年と2012年の米ドルのチャートを月足でご覧になると確認できると思われます。

2011年8月から12月にかけては、米ドルはまさに底値圏です。落ちる所まで落ちてきたという雰囲気になっていました。

そしてしばらく77.7円などで低迷の横ばい状態を続けていましたが、ちょっと上昇が発生します。そして2012年5月から9月にかけても横ばいとなります。

ですが上記の2011年に比べると、底固い雰囲気となっていました。価格も78円台後半から79円台でした。すなわち、どことなく上昇をしそうな雰囲気になっていたのです。

この2012年の春から夏にかけての状況が「底意確り」です。実際、その後は米ドルは上昇をしていきますが。

底意確りという用語をFXで用いられる事は殆ど有りませんが、その用語が意味するものは覚えておいて頂ければと思います。FXでデイトレードをしていると、そのような状況は頻繁に発生するものだからです。

谷底や山の頂上を狙わずに下がり端や上がり端を狙う

2013-08-17

相場の格言の一つに「下り端を売り、上がり端を買う」というものがあります。これは、頭と尻尾はくれてやれの格言とほぼ同じ意味です。

リーマン・ショックを例に考えると分かりやすいかと思われます。

ユーロの月足のチャートを見ると、2008年の7月に高値を記録している事が分かります。その時にユーロは170円の壁によって下落をしています。

この時に169.93などで売り注文を出し、そのままユーロを放置したとします。

そしてリーマン・ショックが発生します。そして翌2009年の1月に112円の壁によって跳ね返されて、一旦底になります。

つまり169.93円で売り112円で決済をすれば57.93円分の利益にはなっていたのです。最高値と最低値を考えれば、確かにそうです。

ですが、そのような事は誰にもできません。私の知人の凄腕トレーダーでも、それは100%不可能なのだそうです。

そうではなく169.93円に跳ね返された結果、どうも下落ムードというタイミングで売るのです。それが「下り端を売り」の意味です。

つまり、あまり「山の頂上で売って谷底で買う」など考えるべきではないという事です。それよりも、もっと確実なタイミングで売買をする方がFXでは利益につながる事が多いものです。ここが谷底だから買おうと考えるのではなく、谷底を確認した「後に」買う事を考えるようにしましょう。

繰り返しますが、谷底で買うのはプロでも不可能です。プロでも不可能な事を、無理にやらないようにしましょう。

大儲けが出来た後こそ慎重な取引きが重要

2013-08-09

FXは、お金を稼ぐのが目的です。という事は、うまくお金を稼げれば大変めでたい事のように思われるかもしれません。

ですが、実はお金を稼げた後の方が重要になる事も多々有るのです。というのもお金を稼いだ後というのは、実は大損が発生する事も多いのです。

私も過去にそういう経験をした事があります。資産を2倍にできたと思ったら、今度は大損が発生してしまったのです。大儲けと大損は交互に発生する事もあるという訳です。

考えてみると、FX取引というのは買いか売りかを選ぶゲームとも言えます。「交互に発生」という現象が発生するのは、ある意味自然とも言えます。

という事は、FXで大儲けをしたからと言って天狗になってしまうのは危険なのです。天狗になった時に限って、大損の波がやってきます。そして大儲けの分を根こそぎ持っていかれるというケースは意外と多いものなのです。

下手すると、大儲け以上に損をしてしまうかもしれません。過去に100万円儲けたのに、天狗になってしまったので200万円の損になってしまうという事態です。

という事は、大儲けが発生した後というのは普段以上に慎重にならなければなりません。

その100万円を稼いだ時に損切りをする習慣が付いていなかったのなら、今度は損切りをする事を覚えるべきだと思います。今まで損切りができていたとしても、今後はさらに慎重に損切りを徹底するべきなのです。

お金を稼いだ後にこそ警戒をするという概念を覚えましょう。

親会社が老舗のFX業者

2013-08-06

東京都心のある駅と直結している程近い場所に、とあるビルが立地しています。そのビルはとても立派で、いわゆる高層ビルというタイプです。

付近はオフィス街となっており、全てがオフィスのビルという雰囲気です。大手の会社のビルも沢山有ります。交通アクセスは極めて良く、何をするにも困らない場所です。

このビルは、実は証券会社の建物なのです。

この会社ができたのは、割と最近です。平成になってからの設立なので、若い会社のように思われるかもしれません。

ですが、この会社は親会社が非常に大きいのです。その親会社は大正時代に設立されています。

その会社が取り扱っている商品は、本当に様々です。株も取り扱っていますし、投資信託や最近も取り扱っています。

そしてFXも取り扱い商品の一つです。最近はスプレッドを狭くするキャンペーンも行われているようです。

FX会社の建物の外観としては、かなり立派な方ですね。FX会社は全体的に立派な建物は多いですが、その中でも際立って立派な方です。

その建物の外観などは、インターネットの地図を用いれば簡単に調べられます。会社概要に書かれた住所から用意に調べられるのです。

上記の会社が倒産する事は、まず有り得ないと思います。

ただ、このタイプの会社は突如「もうFX事業は撤退して、株は残します」という事も有り得ます。そういうリスクがある事は、一応頭に入れておくと良いかと思われます。

会社の経営自体は、何も問題ないかと思います。

Copyright(c) 2013 FX取引きしたいお年頃 All Rights Reserved.