受け身で人々のアクションを待つFXの宣伝手法

本日私はある飲食店に行く時に、ある道路の曲がり角でスーツ姿の男性が看板を持っているのを見かけました。あれは意外と過酷な仕事で、看板を持って立っているだけです。看板を持っているだけなので楽なように思うかもしれませんが、暑さや寒さや降雨などを考えると色々と過酷な仕事なのです。

FXを始めたいと思うんだところでFXでそのような宣伝手段が使われている事はあるのでしょうか。結論から言えば、ありません。

サンドイッチマンのように看板を持ってアピールをするという状況は、FX業者は利用していません。FX業者が採用しているアピール手段は、主にインターネットです。看板持ちは、実際に外で看板を持ってアピールをしています。しかしFX口座開設手数料無料業者は外に出ているのではなく、あくまでもインターネットのバナー広告などでアピールをしているものです。

そういう意味では、一見すると看板での宣伝手法とFX業者の宣伝手法とは違っているように思えるかもしれません。しかし本質を考えてみると、両者には非常に似た一面があるように思います。
というのも看板を見て誰かが声をかけてくるというのは、誰かがバーナー広告をクリックして応募もしくは申し込みをしてくる行動に似ているからです。どちらも「待ちの姿勢」には変わりはないと思っております。

まあ実際に表で看板を持って宣伝するか、インターネットという媒体を用いるかという違いはあります。ですが受け身で通りすがりの方からのアプローチを待つという意味では、両者は共通していると思っている次第です。

さて我々の身近なものの中に、もう一つ受け身の手段があります。それはポスターです。
例えばどこかのお店が店頭に求人ポスターを貼っているのも、受け身です。もしくはポスターで何かお店の商品を宣伝している時も同様ですが。

私がよく通りがかる銀行の店頭には、投資信託のポスターが張られています。その銀行では、何かのローン商品もポスターによって宣伝されています。
ポスターというのはその宣伝を見た方からのアクションを持つという姿勢になります。すなわち前述のサンドイッチマンの広告を見て、誰かからのアクションを待つという姿勢に共通していると思いませんでしょうか。

自宅でできる仕事FX業者が採用している広告も、やはりこの2つに似ていると思います。バナー広告を掲載してクリックするのは、やはりその広告を見た方からのアクションを待つという姿勢になるからです。

こうして見るとFX業者が採用している宣伝の手法は、自分達から無作為に飛び込み訪問をするというプッシュ型営業の姿勢ではないと思います。まあ飛びこみ訪問に限らず、飛び込みテレアポなどもプッシュ型の一つですが。

FX業者が採用している宣伝手法は、巷で見かける大声での呼び込みやチラシ配りなど「消費者に積極的にアプローチをする」というタイプでは無いと思います。サンドイッチマンやポスターなど消費者からのアクションを待つという受け身の宣伝を採用しているわけです。

したがってFX業者を名乗る会社から飛び込み営業の電話などが来たら、ちょっと要注意かもしれません。

FXでは少し厳しいな・・・と思った方は、自宅でできる仕事求人の情報をみて自分に合った自宅でできる仕事 求人を探してみてはいかがですか?

FX(外国為替証拠金取引)ならマネックスFX/マネックス証券
マネックス証券
Copyright(c) 2013 FX取引きしたいお年頃 All Rights Reserved.